スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武器と魔法、天国への階段再び

かずみ☆マギカネタです。

5巻表紙かずみアップ

この子の能力について考えてみみます。

最終巻が出てすでに一月以上経過していますが、わりと大きめなネタバレです。
↓↓↓

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

あすなろドーム血けむり殺人事件

巷で話題の『魔法少女かずみ☆マギカ』ネタです。

『ネタ』ですから。


...

先に謝っておこう、

みらいちゃんファンの人ごめんなさい。



前回の記事こんなことを書きました。

サキさんを中心とした三角関係の物語とか、普通に読んでみたかった


で、どんな展開があるか考えていたんですよ。

そう、もちろん原作(かずみ☆マギカ)完全準拠で。

火サスみたいな。

三角関係というと、登場人物はこの三人なわけですがー

その子は若葉みらい サキさんの願いかずみ衣装12ミチル私服

実名だと生々しいので左から少女M少女S少女Kとしておきましょう。

なんかとても怖い発想に至ったのであります。

筋書きはこうです。
↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

魔法少女らしい魔法少女

さて、総勢12名以上の魔法少女が入り乱れるかずみ☆マギカですが、最も魔法少女らしい少女といえば?

kazumi_magica_3_908_われらがマミさん

うーん、マミさんも素晴らしい!

素晴らしいけれど残念ながらメインキャストじゃないんです。

重要な役割を背負っていますが所謂ゲストなので除外しましょう。

とすると、皆さんおわかりですね。

行こう、みんな

この中の

みらいちゃん、よしきた

みらいちゃんですよ!
↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

精霊使いの剣舞コミック版出たよ!

精霊使いの剣舞、単行本10巻とコミック版1巻を買ってきました。

image.jpg

左が単行本、右がコミック版ですね。

元がMF J文庫なので典型的なハーレム物なんですが、ヒロイン(右の赤い子)が残念かわいいとか一番人気が著者さんだったりいろいろカオスなファン活動が展開されています。

ラノベ単行本の方がオリジナルで書き手は志瑞祐先生で3シリーズ目です。
ドルイド百合萌え、世界の名城萌え、剣精霊萌えと毎度毎度変化球でくるのが特徴でしょうか。
イラストは桜はんぺん先生、キャラクターの魅力を最大限に引き出してくださいます。
あ、今作は精霊萌えですね。
ラノベ第10巻(写真左)の青い髪の子がレスティアさん、右の白い髪の子がエストさんです。
こう見えても両方精霊です。

コミック版はalive連載中で、氷樹一世さんです。
こちらはまだ第1話までしか読んでいないので、これからじっくり読ませていただきます。

ちなみに今回発売されたラノベ第10巻とコミック第1巻を両方購入すると最大500名まで公式ファンブックがもらえるそうです(要応募)

読んでた人もこれから読む人もこぞって応募してみましょう!

幕間劇、海香・カオルとサキ達との対立

プレイアデス聖団は上下関係の無い言わば円卓の騎士のような集団であると言及もされていますが、実態としては発起人たるある少女をシンボルとして頂く関係にあったと言ってもそれほど間違いではない気がします。

しかしその少女は不慮の事件で失われ、残された6名で結束する必要が生じました。

というのも、対魔女戦に向く能力を持たない少女が多く、ある意味致し方ないところであると、察せられます。

ただ、女は3人集まれば派閥ができると申しまして、対人関係に敏感な女性だからこそ、意識と意識のぶつかり合いが生じればどちらに付くかで迷い、そして自然に集団が分化していくわけです。

特にその失われた少女に強い執着を持つ少女と、様々な生物の本質を見抜いてしまう少女の間で互いにけん制しあうような確執が生まれたり...




チャオ!

上のは読み捨てておいてください。

幕間劇の究明という名の妄想シリーズの続きです。

第3話から第4話の間と、第6話から第7話の間については無理矢理考えてみました。

残るは第2話から第3話の間です。

一体何が起こったんでしょうかねー。

今回も想像力全快でいってみましょう。
↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

幕間劇、レパ・マチュカ

チャオ!

物語中に描かれなかった幕間劇について考え始めたわけですが早速行き詰っています。

難しいよ!

ヒントが余り無いもので.. やはり妄想で補うしかないですね。

前回第3話と第4話の間を妄想しましたので、続いてやりやすそうな第6話と第7話のあいだをいってみたいと思います。
↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

幕間劇を考えてみよう

単行本巻末ネタです。

第4巻巻末のみんな☆マギカ倶楽部はご存じですよね?

Q3の回答(自作自演)の中にこんなことが書かれています。

チャオ! 実は2・3話、3・4話、6・7話の間が...
(中略)
...実際、シナリオもあるし(オイラの脳内に)


今更だけど何だってー!?

話と話の間がある程度時間が開いているってのはここを読んで認識していたんですが、その部分がインパクトが強すぎて、その間を埋めるストーリーがあったってところを読み落としていました。

うーん、気になる!

一番いいのは改めて作品として世に出していただくことなんですが、贅沢は言えません。

かわりにちょこっとだけ予想してみましょう。
↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

おおかみこどもとマレフィカファルス

チャオ!

『おおかみこどもの雨と雪』を借りて観ていたら日付が変わっていましたよ。

計3度目になるんですが、ハッとするシーンはなんど観ても胸にきますね。

あの子らのとーちゃんはすでにオオカミと人間のハーフだったようですから、その子供たちはクォーターってことでしょうかね。

人として生きるか人間として生きるかでふらふらするわけですが、親の視点で物語が進むためハラハラしてしまうわけですよ。

以前どこかで、あれは社会的マイノリティの風刺だという論評だか感想だかを読んで、なるほどーと思ったものです。

狼の子という存在は神秘的ではありますが、社会的にはむしろハンディキャップな面が強くて次第に生活静ラクナってきちゃうんですよね。

そうそう、社会的マイノリティといえば合成魔法少女も同じですよね。

第20話の回想シーンにあるように、彼女はプレイアデス星団みなの期待を背負い、その誕生は祝福されていたはずなのです。

なのに、目覚める前に誘拐されたり、ふとしたはずみで暴走したり、仲間を傷つけたり殺めたり、どうにも思うようにいきません。

でも、どんなにつらい目に遭っても、生きる希望さえ捨てなければ明日に繋ぐことが出来るんです。

ジェムが濁ればやがて魔女になる。

そう決まっています。

でも、たとえ前例がなくとも、

ならあたし達が前例になる

作ればいい。

作ることをあきらめなければいいんです。



だれか一人だけチームメイトにするならカオルさん一択だよね。

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

かずみ☆マギカファン動画。えるたんの歌声。

チャオ!

かずみ☆マギカ関連ファン動画が、また一本アップされたようです。

children | kazumi ☆ magica


制御不能の異端の力で仲間が失なわれてゆく、かずみ☆マギカのダークサイドを取り上げたAMVです。

かずみ☆マギカファンならとりあえず一度は視聴してみましょう。




...

あー、なんか聴いたことあるよう、な?

映画Hocus Pocusで使われた曲のカバーらしいですが、Hocus Pocusっていうとどっちかというとオランダのプログレ界隈のバンドを思い出したり。

元の映画のせいか、歌詞が怖いです。




脱線しました。

歌い手はerutanさんこと、Kate Covingtonさん。

えるたんでいいのかな?

写真とかみると美人です。

またそれ以上に歌声が素敵です。

ゲーム音楽や日本の曲までいろいろカバーされているようで、erutanで検索するといろいろ出てきてうれしい感じです。

Erutan Musicには、様々な曲がアップされていました。

本人UPの曲の方はかなりダークで流血な感じでした。

分別ある大人の人だけこちらもどうぞ。
↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

自身の中に『本物』を見出すこと

前回(天国への階段)からの続きです。

Stairs to Heaven聴いていただけました?

今更ここで曲について語っても仕方ないほど研究し尽くされた曲ですが、構成に関するところだけちょこっと書いてみます。

0:00~

第1部。
Am - G#aug - ConG DonF# ~
余りにも有名すぎるこのイントロ。
アルペジオとリコーダー、難解な詩。

2:14~

12弦ギターと電子ピアノに切り替わるあたりから第2部。
主旋律はイントロと同じですが、Oh, makes me wonder (Am7 - Dadd9 D - Am7)というフレーズが泣かせます。

曲調が一変、ギターソロが泣かせます。

5:34~

第3部。ここから突然ハードロック。
ジミー・ペイジの熱いギターソロ、ロバート・プラントの叫び。
そして終息。

うーん。

こんなの読むより、通しで聴いて感じて欲しいですね。



そうそう、2回に渡って洋楽ネタをやったのは、この曲とかずみ☆マギカのストーリーとが被る部分が多いかなって思うからなんですよ。
↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

天国への階段

スカーラ・ア・パラディーゾ

「スカーラ・ア・パラディーゾ!」

といえば新コスチュームのかずみちゃんが使用した魔法です。

かずみ☆マギカ好きのだらだら語りあと色々様のこちらの記事(スカーラ・ア・パラディーゾ(23話ネタバレあり))によりますとStairway to Heavenが元ネタらしいということですね。

その題をいただいた映像作品がたくさんあるようですが、どちらかというと誰でも一度は聞いたことのあるあの曲のことを思い浮かべてしまいます。



Led Zeppelin の Stairway To Heaven(天国への階段)ですね。

3部構成のそれはもう素敵な曲なんですが、未聴の方、もしくはフルで聴いたことがない方はこの機会にどうぞ。

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

監視社会と魔法少女

前回の記事(隕石とかカメラとか)で、社会の隅々で稼動し続けている監視カメラやその記録について書かせていただきました。

これだけあるなら、魔法少女の姿の一人や二人、撮影されていないわけがありません。

いくら魔女空間内で事を起こせば証拠隠滅可能としても、繁華街や廃墟とかの魔女のいそうな場所に少女達がふらふらと入り込んでいってそのまま姿を消すとか、証拠が残らないわけがないのです。

そこで取り上げたいのがこの人、女刑事さん。

かずみ☆マギカファンなら誰でも知っている、石島美佐子さん(39)です。
↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

隕石とかカメラとか

チャオ!

雪が降るとかいってたから身構えていたら遠くの方で隕石が降ったみたいでびっくりですね!

ってな感じで、今回は時事ネタも踏まえて思ったことを垂れ流してみます。
↓↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

月の光に導かれ

前回(プレイアデスが導くかずみ☆マギカの季節)では、かずみ☆マギカ第3話が満月でかつ夜中の11時ごろにおうし座がいい感じに見上げられる冬の日、ということまで調べました。

もうちょっとがんばれば日が特定できたりしないかな?

というわけで、今回は満月をキーワードに日を絞り込んでみたいと思います。

といっても天文関係詳しくないので、こちら(Almanac Moon Calendar)の月齢表を使って満月の日をリストアップしてみます。

あ、一応、あすなろ市がいわゆる私達の住む地球上の、日本語圏内、かつ、ここ数年のいずれかって仮定でいってみます。

だって未来とかいつまで見ればいいかわからないんだもの!

とりあえずカレンダーに適当に年、月を入れてみましょう。
↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

プレイアデスが導くかずみ☆マギカの季節

キラッ

海香とカオルは星になったのだ...

というのは冗談ですが、よく見てくださいこれ。

かずみちゃんの見上げる神話の七姉妹に相当する七つの星だとすれば、これはプレアデス聖団ですよ。

プレアデス星団は牡牛座の中にある聖団で、M45とか呼ばれる散開星団です。

おうし座といえば冬の星座。

12月あたりだと、真夜中にいい感じに観測が出来ます。

てことはですよ。

てことは、かずみ☆マギカの第3話あたりって、だいたい12月前後って事じゃないですかね?
↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

未だにわからないもの

今回は考察でも分析でも何でもなく、思考メモみたいなものです。

かずみちゃんのこれって何なんでしょうね?

杖的な何か1

そう、かずみちゃんの杖っぽい何かです。

十字架、にしては中心にわっかがありますし、ケルト十字チックではありますがデザインとしてはまったく別物のようでもあります。

リーミティ・エステールニを放つときは輪の中心にエネルギーのカタマリのようなモノがでてくるのも気になりますね。

エジプト十字とも呼ばれるアンクの変形かな、と思いきや、ググッてもそれっぽいものは出てこないですしね。

主人公の武器(杖)なのに招待がはっきりしなくて悩みます。

単行本第1巻表紙絵を見ると金属的な質感です。

カマキリ魔女の攻撃を受け止めてガキンとかすごい音がしていましたね。



そうそう、悩むと言えばこちらも。

杖的な何か2

えーと、うちの玄関に似たようなのが置いてあったような?

帽子掛けっぽい形なんですが、支えがないから帽子掛けじゃないですね。

十字架を二つ組み合わせた、ような気もしますが、うーむむむ。

こちらも正体がはっきりしない。

木製っぽい見栄えですが、たたきつけるとギン、とかガィン、とかメタリックな音がするようです。


そのうち正体がわかる、のかなあ?

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

マジカルハンドガン

このユウリ様のことが気になるご様子で!

このユウリ様のことが気になるご様子で

ユウリ様を『ユウリ様』たらしめたのは、第4話『イーブルナッツ』のこの台詞ですね。

絵が天地逆なのは仕様です。

第3話までのキャッキャうふふ展開を文字通りひっくり返し、その上高みから存在をアピールするというユウリ様です。

物語はここで一気に加速し、まったり世界観にうずもれ、ゆるゆるふわふわしていたファン達の目が一気に覚めました。

でもこの発言、どうやら作画担当の天杉先生がもにょもにょしたおかげでこうなったというのが感慨深いですね。

さて、このシーンですが左手は主人公かずみちゃんを鷲掴み。

アホ毛ではなく普通の頭髪の方をぐわしっと握っていますが、ちょっと痛そう。

魔法の力でボディを支えているんだと、信じたいです。

で、反対側の手を見ると腰の後ろの方に回されています。

なんかこれ気になるじゃないですか!

まあ、すぐ次のシーンで明らかになるんですが、見てみましょうか。
↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

和紗ミチルの無邪気な悪意

チャオ! 死にたがりのみんな達!

生きるって事を実感していますか?

前回マミさんリスペクトとして、魔女空間に取り込まれた少女達に銃を与えるシーンについて取り上げてみました。

でもリスペクトするにもほどがあります。

助けるためだけなら、ふつうに魔法でちゃちゃっとやっちゃえば良かったんですよね。

なのにはじめっから

デッド、オア、アライブ?(小悪魔風に)

うーん、茶目っ気たっぷりですね!

こんな台詞で芝居を初めて、なんでわざわざそんないたずらなことをしたんでしょう?

今回はそれと絡めて、和紗ミチルの生に対する考え方についてみてみたいと思います。
↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

マミさんリスペクト

英語版まどか☆マギカを読んでいたら、やっぱマミさんってすごいヒトなんだなーと、あらためて感心しましたよ。

マギカシリーズの魔法少女の原点なんですもん。

技名叫んだり、新人さんを育てたり、他の魔法少女と渡り合ったり、素敵すぎますよね。

というわけで、今回はマミさんゆかりのあのシーンを取り上げてみたいと思います。
↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

英語版まどか☆マギカコミックのレビュー

Yen Press版まどか☆マギカのコミックス買ったよ!の続きです。

Yen Pressから出版されている英語版まどか☆マギカのコミックス、運良く書店で購入することができましたので、折角だから中を見てみましょう。

↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

Yen Press版まどか☆マギカのコミックス買ったよ!

以前、かずみ☆マギカ関連のこれまでの流れという記事で、まどか関連のコミックスの海外版があるよっていうことを書きました。

あるって知ったら見てみたいじゃないですか。

あれ以来都内の洋書コーナーを見て回ってたんですが、見つかりはするものの、まどか1巻だけとか3巻だけとか中途半端な感じで躊躇していました。

そしたら昨日見に行った書店に、まどか☆マギカの英語版が全巻そろってるじゃありませんか。

買い占めにならないようにいろんな棚も見て回ったらまだ在庫があるようでしたので、遠慮なく購入してきました。

表紙比較

上段が国内版、下段が英語版(Yen Press)です。

表紙絵は同じですね!

英語版には帯がついていないため、国内版もはずしてあります。

よく見ると日本語版にあったタイトルロゴが省略されて、PUELLA MAGI MADOKA☆MAGICA 1だけになっています。

Story by MAGICA QUARTET
Art by HANOKAGE

ですね。

タイトルだけの違いかと思ったら、実はサイズが異なります。

Yen Press版サイズ比較

左が国内版、右が英語版(Yen Press版)です。

向こうの規格に合わせているので縦長なんですね。

中身については別記事で上げようかと思います。

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

合理的な思考

再生宇宙人とmottainaiの続きです。

「代わりはいくらでもあるけど、無意味に潰されるのは困るんだよね」
「もったいないじゃないか」



まどか☆マギカ本編でこんなことを言いながら自信の残骸をキュップイしたインキュベーター。

なんでこんなことをしたのでしょうか?

いつもの勝手な推測をやってみたいと思います。

ネタバレは控えめなつもりですが、気になる方は単行本全巻通読されてからお読みください。
↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

再生宇宙人とmottainai

「ドメスティックバイオレンス」(1:44)

古い話題ですが、日常OPパロの手書きシリーズ、出来がとてもいいですよね。

本編メインでキャラクター達が生き生きと動いているのですが、かずみやおりこといったスピンオフ/スピンアウトもいい感じに組み込まれているんですよ。

中でも雨に打たれたマレフィカファルスが先ほどの台詞をとぼけて言うシーンが病み付きです。

しっかり読み込んでないとあんなこといわせられないですよほんと。

あえてリンクは載せませんが、未視聴の方は是非ご覧になってください。

あ、一番上のネタはスライドショー版の動画です。

... 魔法少女に雨って鬼門ですよね-。



さて、虐待と言えばこいつ

21 海香壁かけ

白い奴です。

かずみ☆マギカにもちゃっかり登場してます。

スピンオフでもつるし上げられたり壁にたたきつけられたり縫い付けられたりと酷いことをされていますが(参考: 1 2 3)、まあ、それ以上にひどいことを繰り返してますからね

感情をエネルギーとしてしか見られない宇宙人ですから仕方ない、けど、やっぱりもやっとしますよねー。

普段、一体何を考えているのやら。

今回はそんな虐げられ気味なエコ宇宙人、インキュベーターについて考えてみたいと思います。

↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

アホ毛の行方

チャオ!

私事ですが、先日散髪しにいったんですよ。

カットしてもらって、シャンプーして、でドライヤーで乾かしていたらなんか1本はみ出てきたんですよ。

おおお、おいらにもアホ毛誕生です。

次の瞬間には切られちゃいましたけど、あまりにも漫画的で笑っちゃいました。

というわけで今回はアホ毛です。

前にも取り上げたような気がしますが、気にせずいってみましょう!

↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

『パンを踏んだ娘』の結末

本編まどか☆マギカに関する記事(たったの一言)や和紗ミチルの過去話(パンを踏んだ娘。)と絡んで、かずみが少女を絶望から救おうとして発した言葉について考えてみたいと思います。

最終回ネタですのでご注意を。

↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

airi's story

カズミスキーが本当に好きだったもので海外ファンによるかずみ動画を取り上げましたが、なんと、もう一本見つかりました。

airi's story


あいりとユウリの関係、壊れてゆくあいり、暴走するあいり、などがコラージュされています。

曲は Adventure Club ft. Krewella の Rise & Fall ですね。

初めて聴いた曲ですが、詩が運命に振り回されるあいりそのもの。

編集も刺激的で、かつ壊れた彼女の心情をうまく表していて素晴らしいですね。

いろいろremixされているようですが、たぶんこちらですね。


テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

パンを踏んだ娘。

チャオ! 死にたがりのみんな達!

使い魔に食べられちゃえばいいじゃん


おおおおお、ミチルちゃんですね。

魔女空間に突き出した鳥居のようなものの上で、ついさっきまで絶望して自殺を図ろうとしていた6人の少女達に、突き放したような台詞を放ちます。

使い魔というのは、心に闇を抱えた少女達を自殺に誘った、謎の生き物のことですね。

そしてそれに続けるように彼女は、

それとも

如何にも魔女のような帽子をはずして、手品のように、銃のようなものを落とします。

デッド、オア、アライブ?(小悪魔風に)

調子に乗ってますね。

誰もが突っ込みたくなるこの台詞ですが、彼女なりに考えた上での、芝居がかった提案の仕方なのです。




おおざっぱに言うと、使い魔に食われて死ぬかそれとも銃を取って生きる意思を見せるか、ということですね。

茶目っ気だし過ぎな気もしますが、これは緻密に構築された和紗ミチルという少女の生死観の現われなのです。

今回は、和紗ミチルに最も影響したであろうグランマの死について、考えてみたいと思います。

単行本購入特典である、とあるショートストーリーについても触れます。

↓↓↓

続きを読む»

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

たったの一言

本編まどか☆マギカで、ある魔法少女がこんな問いを発していました。

「ねえ、この世界って守る価値あるの?」


彼女には、守りたいものがありました。

「あたし何のために戦ってたの?」


彼女には、戦う理由がありました。

「教えてよ、今すぐあんたが教えてよ、でないとあたし...」


でもその問いに応えられる人間はいません。

彼女に、世界を守る価値や戦う理由を応えてあげられたであろう親友は、そこにいませんでした。

彼女のやってきたことを、肯定してあげる一言があればよかったのにね。

「そんなこたないよ」

って。

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

nekoteitoku

Author:nekoteitoku
漫画・アニメ・小説の考察をメインでやっています。
かずみ☆マギカとかまどか☆マギカあたりの話題が多め。
精霊使いの剣舞も応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。