スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必要とされない注射針

魔女討伐の矢と矢文からの続きです。

海香さんがいぶかしがっていたように、矢文でメッセージを送ってきたのは、過去の魔女戦を思い起こさせるためですね。

で、その魔女戦で使われた矢はどこからきたかってのを考えているわけです。

またまた魔女戦を思い出してみましょう。

対する魔女は注射器と料理の魔女です。

注射器もなんだかケーキのクリームを盛るときに使うような形をしていますね。

腕が三つ叉フォークのようになっていますが、これそのものはどうやら戦いには使わない様子。

だって不便じゃないですか、フォークって。

やられシーンを見ても、二本ののフォークが行き場を失ったかのように突き出ているだけです。

てことは別の攻撃手段があるってことですよね。

普通に考えると、注射器の針ですか。

刺す、にはこれまた不便なかんじ。

てことは何か飛ばしたりするのかな?

でも飛ばすにしても、例の矢は唐突過ぎて違いそうです。

例えば薬液みたいなものでしょうか。

なんの薬か知らないですけど、なか魔女っぽい奴で。

一応魔女の属性を見ると『(度が過ぎる)献身』、弱点は『必要とされないこと』ってなんかもう切ない感じですが、身を削って(必要ない)薬液を飛ばすみていな攻撃とか、あっていそうな気がします。

針からピピピッと薬液を飛ばすところを想像して見てください。

対する星団メンバー達は複数人ですから、おとりを使って包囲とかすれば何とかなりそうです。

でも、実際は矢を使って倒しているんですよね。

全体攻撃でもするんでしょうか。

で、近寄れなくて矢を作って串刺しにしたとか?

聖団メンバーが作成した矢なら、やっぱりニコさんなんだろうか。




なんというか、裏付けがないと考察するのも厳しいですね...
スポンサーサイト

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

nekoteitoku

Author:nekoteitoku
漫画・アニメ・小説の考察をメインでやっています。
かずみ☆マギカとかまどか☆マギカあたりの話題が多め。
精霊使いの剣舞も応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。