スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監視社会と魔法少女

前回の記事(隕石とかカメラとか)で、社会の隅々で稼動し続けている監視カメラやその記録について書かせていただきました。

これだけあるなら、魔法少女の姿の一人や二人、撮影されていないわけがありません。

いくら魔女空間内で事を起こせば証拠隠滅可能としても、繁華街や廃墟とかの魔女のいそうな場所に少女達がふらふらと入り込んでいってそのまま姿を消すとか、証拠が残らないわけがないのです。

そこで取り上げたいのがこの人、女刑事さん。

かずみ☆マギカファンなら誰でも知っている、石島美佐子さん(39)です。
↓↓↓
第1話ではイーブルナッツを扱うあの子にあやつられて事件を演出したり、カマキリ魔女になったりとさんざんだった彼女ですが、単行本第2巻の表紙裏で再登場したときはびっくりしましたね。

コスプレ衣装がかずみ服ではなくユウリ様服ってところがポイントです。

おかしいところに肌色があるんですよあれ。

年齢的にいろいろ危険なチャレンジでしたね。

その女刑事さんですが、第15話から第16話でストーリー上に再出演。

傷心のかずみちゃんを保護した後でレパ・マチュカに連れて行ってあげるというなんとも羨ましい役をいただきました。

あすなろ市で起こっている連続少女失踪事案を取り扱っていたのは、たぶん、第1話の失態が原因で窓際に追いやられ、まともな事件にまわされていないとかが原因かもしれませんね。

その中で出てきた捜査ファイルがまた、いろいろ想像を掻き立てられます。

で、その美佐子さんがかずみちゃんに語った調査の状況や、立花さんに披露した彼女の自論をみると、かなりいいところまでたどり着いています。

その中で気になる台詞がこれです。

まだ事件性は認められないけれど

まだ事件性は認められないけれど、通常の家出や失踪とは何か違う」

何十人と失踪しているのにまだ事件とは認められていないのです。

先に事案と書いたのはこの台詞を汲んでのことなのですが、とにかくまだ事件として認識されていない以上、警察力を使用した捜査(たとえば監視カメラの確認など)が行われていないだろうことは推測できます。

この短期間でもあれだけ派手に遊園地侵入とか対魔法少女戦とかやっているわけですから、地域内の監視カメラなどにその姿が納められているかもしれないのに、おそらく事件化していないため、そうした記録の捜査ができない可能性もありますよね。

美佐子さんがこの問題を真剣に取り扱っているのは、左遷とかそういうのではなく、また被害者(?)が女性だからというのでもなく、失踪した彼女の親友椎名レミのためであることは間違いないでしょう。

彼女が事の真相にたどり着くには、そうした一連の少女失踪事件が公の事件として認められ、広範な捜査が堂々と行えるようになる必要があるんじゃないかと、思うわけです。

頑張れ美佐子さん!

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nekoteitoku

Author:nekoteitoku
漫画・アニメ・小説の考察をメインでやっています。
かずみ☆マギカとかまどか☆マギカあたりの話題が多め。
精霊使いの剣舞も応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。