スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイアデス聖団メンバーからみたかずみ

チャオ!

歳をとるとちょっとしたことでも無理がきかなくなってきて、例えばつけ麺普通盛(200g)とかでも消化不良を起こしたりするんですよ。

しかも寒空の中70分あまりも外で行列待ちとかしたら、確実にお腹にきます。

来てます。

明治大学・魔法少女まどか☆マギカ等身大原動画展は来週の日曜日まで開催しているようですが、くれぐれも行列を作って体調を崩したりしないよう、気をつけてくださいね。

で、全然関係ないんですが、プレイアデス聖団のみんなって、それぞれ思惑があってチームにいるわけですよね。

外から見たらいつも集団行動している彼女らも、一枚岩のように見せかけておいて中ではどろどろとした人間関係とかあったりしそうですよね。

というわけで、今更ですが主人公かずみについて彼女らが個々にどう見ているかっていうのを再整理してみようかと思います。
↓↓↓
物語の流れの中で味方が変遷していきますので、とりあえず単行本第4巻、第18話くらいまでで勝手にまとめてみます。


サキさん。

自他共に認めるカズミスキー。
失われた妹の面影を和紗ミチルにみつけ、溺愛するようになりました。
海香さんのとんでもない計画に真っ先に飛びついたのも彼女です。
かずみは彼女にとって妹の代わりであり、それ以上に恩人である和紗ミチルの代わりです。
遠隔操作事件の際も、自らを傷つけてまでかずみを護ろうとしました。
かずみをかずみとしては見ていませんですが、最後の最後まで実の妹のように扱おうとしていました。

みらいさん。

サキスキー。
ボクっ子であることをやめれない彼女を真っ向から肯定したサキさんが、大好きです。
和紗ミチルに助けられたけれどもそれはそれ。
サキさんがいるところならどこにでもついて行き、隙あらばサキさんに縋りよります。
第3話でのかずみに対する態度から分かるとおり、彼女はサキさんこそが大事で、そんなサキさんが熱い視線を向けるかずみのことをライバル視しています。
かずみがサキさんを傷つける存在であるなら、迷わずその場で叩き伏せる、そんな見方をしています。

里見さん。

ネコのような小動物となら付き合えますが、根は臆病で、死を怖がります。
中でも魔女は彼女にとって死の象徴のようなもので、近くにいるだけで平常心が失われることも。
海香の計画には否定的で、たぶん、積極的な協力もしていないでしょう。
彼女にとって魔女から作られたものなんて、例え人の形をしていたとしても、それは恐怖の対象でしかないのです。

ニコさん。

幼少時に銃で親戚の子らを死傷させたことがトラウマで、常に現実逃避をしていた彼女。
スマートフォンをいつも持ち歩いているのは過去の自分を忘れないためと、もしかしたら、もう一人の『if』の自分を鑑賞するため。
彼女の能力からして、海香の計画に積極的に関与したことは間違いありません。
第7話でかずみの記憶について気にかけていたように、彼女にとってもかずみは大事な友人です。
彼女は自分が作り出したもう一人の自分が幸せな人生を歩んでくれることを願っていたように、かずみにも幸せになって欲しいと願っていたことは疑いようがないです。
かずみの言葉が彼女の心を打つのは、かずみが彼女にとって『本物』であることの証ではないでしょうか。

海香さん。

海香さんは小説家。
デビュー前に一悶着会ったようですが、ミチルさんに出会い、前向きに生きる決心がつきました。
ミチルが失われたあと、彼女の発案で○○○シリーズの製造が始まったりするあたり、ミチルさんに対する執着は相当なものと思われます。
そんな彼女ですが、第1話でかずみを捕捉してすぐに、カオルと結託して回収作業に入りました。
かずみが気になって仕方ないんですよ。
でも、サキさんとの密談を主導していたように、かずみに対する扱いは慎重過ぎるといってもいいほどです。
彼女らが目指したものであればよし、そうでなければ扱い方を急変させることも十分にあり、というスタンスですかね。

カオルさん。

ボーイッシュな出で立ちですが、常に周りのことを気にかけており、ひるんだ味方を鼓舞したり、魔女の襲われた一般人を身を盾にして護ったりします。
プレイアデス聖団がチームらしくあるのは、もしかしたら彼女のおかげかもしれませんね。
そんな彼女だからこそ、他の仲間と同様にかずみのことを常に気にかけています。
かずみは彼女の友人であり、家族でもあります。
聖団の中でかずみの扱いについて見直しが行われようとしたとき、彼女はただ一人かずみを護ることを決意しました。
彼女はかずみがミチルとは異なる別人格であることをよく理解しています。
和紗ミチルがもういないことを一番良く理解しているのが彼女であり、また、かずみという1人の少女の一番の理解者でもあるのが彼女であるといえましょう。




第4巻までのかずみちゃんに対する考え方を、各人についてそれぞれ一言で表すと

プレイアデス星団メンバーかずみを一言であらわすと
サキミチル大好き!
みらいサキさんをかどわかす女
里美魔女怖い
ニコもう1人の自分と同じように幸せになって
海香成功したかどうか見極め中
カオルかずみはかずみ


うーん、こうしてみると純粋に彼女を想ってくれているのがカオルと、もしかしたらニコさんだけだったのかな?

海香さんは第18話のカオルとサキさんのやり合いで見方が変わったようですが、そのあたりはまた別の機会に考えて見ましょう。

かずみちゃんって不憫だよなあ、ほんとに。

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nekoteitoku

Author:nekoteitoku
漫画・アニメ・小説の考察をメインでやっています。
かずみ☆マギカとかまどか☆マギカあたりの話題が多め。
精霊使いの剣舞も応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。