スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カズミスキーが本当に好きだったもの

YouTubeをふと見たらこんなのが見つかりました。

Kazumi Is The Sunlight - MMV


和紗ミチルを崇拝するある少女の記憶。

誰だって?

サキさんです。
サキさんに決まってます。

聖団随一のカズミスキーサキさんからみた和紗ミチルに決まってます。

動画を見ながら、そんなサキさんのカズミスキーっぷりを掘り下げてみましょう。
サキさんは、妹の美幸ちゃんが大好きでした。
妹スキーです。
好き過ぎて嫁に行くのを認められないくらい大好きでした。

サキさんと美幸ちゃん

なのに、ある日不幸な事故により、その妹を失います。

サキさんは、美幸の大切にしていたスズランを引き取りましたが、妹はもう帰ってきません。
そんなサキさんが魔女に狙われるのも当然といえます。
魔女の口付けを受け、同じように絶望しかけた少女達と集団自殺を図ります。
スズランを抱えたまま。

そこに現れたのが謎のコスプレ少女です。

かずみ衣装05魔法少女

素敵!
その少女はサキさん達を魔女の結界に誘い、生か死かを迫ります。

デッドオアアライブ

アライブ?

襲い来る魔女の使い間に死を実感し、恐怖し、戦って生きることを選択した彼女達は、間一髪のところで救われました。

そう、そのコスプレ少女こそが我等のカズミ、和紗ミチルです。

一息ついたところでミチルに何で魔法少女になったかを聞きます。
ミチルは大好きなグランマの死に際して、蘇りを選択しませんでした。
何でかって?

グランマは死んだけど

死は受け入れる。
その上で、大切だった人のことを決して忘れない。
自分の中からはいなくなったりしない。

妹さんは

そんな風に語るミチルに胸を打たれます。

もう惚れるしかないじゃない。

カズミスキーになるしかないじゃない!

魔法少女として契約した後も、サキさんの中のミチルはどんどん大きくなっていきます。

ミチルがグランマの形見のイヤリングをなくしたときも、速攻で海外から同じ形の物を取り寄せ、送ります。

サキさんからカズミへ

妹の思い出としてのスズランが永遠に咲き続けることを願うのはともかくとして、思い出さえあれば大丈夫なカズミにわざわざ同じ物を送っちゃうあたり、サキさんがカズミの境地に達してないことが良くわかりますね。

もしかして気を引くために送った?

こんな感じでサキさんに思われ続ける和紗ミチルですが、あるとき魔法少女が魔女に変わってしまう、そのメカニズムを知ってしまいます。
幸い聖団には気づかれなかったようですが、聖団メンバーにそのような運命が訪れないよう、隠れてグリーフシード狩りをするようになります。

だって、彼女らが前向きに生きられるように助けたのに、ただ仲間がほしくて魔法少女に誘っただけなのに、いずれ魔女になるなんて、そんなこと言えるわけないですよ。

相当疲弊したはずです。
プレイアデス聖団としての活動だけでもハードなはずなのに(魔女退治、家事)、それに加えて、単身で魔女狩りをするわけですから。
苦労して手に入れたグリーフシードだって、自分より聖団メンバーに優先的に使います。

そんな苦労を知ってか知らずか、ある日、サキさんが何気ない言葉を口に出します。

痛いところを付くサキさん

たじろぐカズミ、真っ青です。
サキさんにはその言葉がどのような意味を持つか知りませんでした。
そう、痛いところを疲れたカズミは、真実を告げることなく、ジェムを濁らせて倒れてしまいました。

そして聖団は、魔法少女の運命を知りました。

残された日記から和紗ミチルの苦悩を知ったサキ達聖団がとった道は、正しいやり方だったとは思えません。
でも、当の和紗ミチルでさえ、グランマの死を受け入れると言いながら、聖団メンバーがやがて魔女になるという運命は受け入れられませんでした。
誰が死に追いやったのか、死か魔女化かは、この際関係ないと言っていいでしょう。
自分達の運命はともかく、悲しい言葉を残したまま倒れたカズミの死を受け入れられなかったサキ達は、結果として、破戒の魔法に手を染めました。

12体のマレフィカファルスは失敗し、作り方を変更した13体目は成功したかに見えました。
かずみを手に入れ、彼女に危機が及ぶと身を挺して助けたりもしました。

かずみ衣装15お姫様抱っこ

だって好きなんだもん。

でもやはり、彼女ら、特にサキさんにとって、マレフィカファルスはマレフィカファルスでした。
マレフィカファルスを通して、もはやそこにはいない少女を見ていただけだったのです。

サキさん君は悪くないんだ

がなにを指しているかは、すぐ分かりますね。

でも、本当に好きだったんだな。

サキさん絶望

最後まで、かずみを今のかずみとして見ることはなかった。
妹のために願ったときからまっすぐ変わらず、ミチルの残したスズランを大切に守っていたんだね。

サキさんは今のかずみにひどいことをしたけど、なんか嫌いになれない、そんな人でした。

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nekoteitoku

Author:nekoteitoku
漫画・アニメ・小説の考察をメインでやっています。
かずみ☆マギカとかまどか☆マギカあたりの話題が多め。
精霊使いの剣舞も応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。