スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べえちゃんが『ジュウべえ』じゃなくて『ジュゥべえ』だった件について

いや、なんというかですね、最初は『ジュウベエ』って書いてたんですよ。
全部カタカナで。

で、ある日よくよく読んでみたらべえがひらがなで、ああ、ドラえもん方式か、ってことで、『ジュウべえ』って書き揃えてたんですよ。

そしたら

この子が私たちを魔法少女にしてくれた妖精さん、ジュゥべえちゃんよ

ジュゥべえ

『ウ』が小さいの。
『ゥ』なんですよ。


もしかして、とまどか☆マギカ関係の書籍を見てみたら『キュウべえ』じゃなくて『キュゥべえ』なんですよ。
設定資料集とかも全部。

一人でキュウべえとかジュウべえとかいってたのがショックです、はい。


気を取り直して、今日はそんなジュゥべえさんの第2の口について見てみようと思います。

今回の記事は第2巻までの情報だけで書いているため、記事の一部、もしくは全部が嘘(false)である可能性があります。
ネタバレ控えめなつもりだけど、わりといいところを突いていたり突かなかったりするかもしれないのでご注意を。
プレイアデス星団専属のジュゥべえさんの役割はジェムの浄化です。

キュゥべえには出来なかった、ジェムの回転吸収浄化をやったりします。

回転吸収ゴォォォォォ

回転しないと出来ないのかな...?


なんでこんなことが出来るかって言うと、おなかの中にグリーフシードを溜め込んでいるからなんですよね。

グリーフシードは、もちろん、額につけられた第2の口から摂取します。

とれたてホヤホヤ魔女の種

グリーフシードを放り込むと、

べえちゃんが処理してくれるわ

咀嚼して、ごっくんと飲み込みます。

飲み込んだ!?


ああ、そうか、キュゥべえの場合背中に第2の口が付いていましたから、咀嚼せずにそのまま消化器官的な何かに放り込まれるわけですね。

てことは口を開くとそこには臓器が...

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nekoteitoku

Author:nekoteitoku
漫画・アニメ・小説の考察をメインでやっています。
かずみ☆マギカとかまどか☆マギカあたりの話題が多め。
精霊使いの剣舞も応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。