スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢色スプーン

思考をまとめるためのメモです。

第7話までのネタバレです。



『飛鳥ユウリ』は、『杏里あいり』の親友だった。
このあたりは回想シーンや、原作者平松さんのショートストーリー『夢色スプーン』で語られているとおり。

『杏里あいり』は心臓が弱く、余命宣告を受けていた。

そんな親友を見かねて、『飛鳥ユウリ』は『杏里あいり』にお守り『夢色スプーン』を預け、インキュベーターと契約し、魔法少女になった。
『杏里あいり』を回復させる対価として。

料理コンテストの決勝前に、『杏里あいり』が『夢色スプーン』を返した。
しかしその直後に『飛鳥ユウリ』は魔女化し、プレイアデス聖団にとどめを刺された。



戦いに巻き込まれたあと、現場で『夢色スプーン』を拾う『杏里あいり』。
目の前で退治された魔女が彼女の親友だったことを知った『杏里あいり』は『自分をユウリにする』願いで契約し、プレイアデス聖団への復讐を誓った。

イーブルナッツを使った復讐は失敗し、直接対決することにした。

しかし魔法の使いすぎでジェムは濁りきっていた。

彼女の預かっていた『夢色スプーン』は『今のかずみ』の手に渡った。

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nekoteitoku

Author:nekoteitoku
漫画・アニメ・小説の考察をメインでやっています。
かずみ☆マギカとかまどか☆マギカあたりの話題が多め。
精霊使いの剣舞も応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。