スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイトウコの出入り口

チャオ!

魔女の心臓の記事で魔女のDNAみたいなものがよくわからんって書いたところ、コメントをいただきました。

魂魄の構造は異なるって意味では



そうともとれますね。

でも心の中では、たとえ異形の魔女の姿に変わったとしても、元は普通の少女。

遺伝子レベルで組成まで変わってしまうというのはちょっと悲しい感じですよね。

だから記事の中にはそこまで書かなかったんです。

でも、よく考えてみると魔女のボディってどこから出てくるのか不思議ですよね。

魔法少女が絶望したときに出現する魔女。

魔女の身体の出現そのものが、インキュベータが求めるエントロピーを覆すエネルギーの発生を意味するのかもしれません。

だとすると、この世のものでないイキモノが、この世にあるはずのない組成で発生するってことで、筋が通りますね。

うむむむ

魔女化反対!

というわけで、対魔女化防止施設、レイトウコに注目です(無理矢理)。

↓↓↓

レイトウコってものすごく重要な舞台じゃないですか!

プレイアデス聖団の目的(の一部)が明かされたり、聖団契約の秘密が披露されたり、和紗ミチル契約の秘密がばばーんと取り戻されたり、必殺技大全とか思い出したり!

レイトウコ

しかも天井にはほむハウス(本編暁美ほむらのファンタジックな家)を彷彿させる歯車です。

ほむハウスといえば、時間を越える魔法の使い手暁美ほむらが鹿目まどかに自分の過去の秘密を打ち明けた場所でもあります。

プレイアデス聖団が、主人公かずみに過去の秘密を打ち明けるのにもってこいの場所です。

それからそれから、レイトウコは機能的にもすごいですよ。

中央に真っ黒に染まったソウルジェムを凍結するためのジェムファウンテン(勝手に命名)、そして両壁に魔法少女の抜け殻を格納するためのガラスケースが立ち並びます。

ご存知 KAEDE HINATA や、聖団にジェムを抜かれた双樹姉妹もここに並びます。

ちょっと怖いですね。

天井にある巨大な歯車の仕掛けは、聖団メンバーによる生命の速度をも加減可能な魔法を場全体に張り巡らせるための仕掛けかもしれません。

ほむハウスは時の進行を想像させる巨大な振り子のイメージや、文字盤を意識させる円状のソファーなどが配置されていました。

しかし、レイトウコは消耗した魔法少女達の魔女化の進行を食い止めるための施設ですから、歯車が動くことはないと思われます。


キャッキャウフフとかいわれてきたプレイアデス聖団の暗部が凝縮されてるんですよ、この狭い空間の中に。

プレイアデス聖団が作り出してきた12体の失敗作だってここに格納されていました。

帰る家を失った神那ニコがインキュベーターを使った実験場も、もしかしたここにあるのかもしれませんね。



そうそう、そこでひとつ疑問があるんですよ。

第22話のカンナさんです。

プレイアデス聖団の秘密がバシバシ披露されていく中で存在感を逸していたカンナさん、かずみ達の隙を突いてジェムファウンテンに残されたジェムをかき集め、扉を開いてレイトウコから飛び出しました。

レイトウコからカンナ逃亡

入り口の扉をバンッっと開いて逃亡です。

って、あれ、レイトウコって普通に出入りできるんだっけ?

第9話の、レイトウコ初披露のところを振り返ってみましょう。

まずみらいちゃんのテディベア博物館、アンジェリカ・ベアーズに聖団メンバーが足を運びます。

古風な大扉を開いて入ると一面、テディベアの詰まったケースでびっしり。

かずみ、あなたと私たちが出会ったからこそ

この袖、指はサキさんですね。

魔方陣を呼び出して

この博物館は生まれた

ゴオオ、っとどこかに移動する聖団メンバー。

逆立つお下げや里美ちゃんのふんわりスカートを見ると、どこかとんでもなく深いところに降りていくようです。

そして到着、レイトウコです。

...

扉使ってねえ!



まさか一般人が出入りできるような場所にレイトウコを配置するとは思えませんし、謎ですね、この扉。

どこに繋がっていたんだろう?

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nekoteitoku

Author:nekoteitoku
漫画・アニメ・小説の考察をメインでやっています。
かずみ☆マギカとかまどか☆マギカあたりの話題が多め。
精霊使いの剣舞も応援しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。